S.ブラドル、日本GP出場OK

Thursday, 24 October 2013

セパンで右足首を骨折したブラドルが、集中的なリハビリを実行。骨折、手術から12日後、メディカルチェックを受けた結果、十分に回復していることから、参戦への許可が与えられた。

LCR・ホンダのステファン・ブラドルは24日、第17戦日本GPの開催を前日に控えた中、ツインリンクもてぎ内のメディカルセンターを訪問。骨折した右足首のメディカルチェックを受けた結果、参戦許可が与えられた。

第15戦マレーシアGPのフリー走行4で今季11度目の転倒を喫した際に右足首(内くるぶし)を骨折。クアラルンプール市内の病院で手術を受けた後、集中的なリハビリを経由して、前戦オーストラリアGPのフリー走行1に挑戦したが、十分に回復していなかったことから欠場を決断。

1日2度のフィジオセラピーを受けて、当地に乗り組んで来ると、松葉杖なしで歩行できる状態まで回復していることを証明。「もちろん、復帰できることが嬉しい。特にここはホンダにとって非常に重要なトラック。オーストラリアの金曜に欠場を決断してから、クリニカ・モービルのスタッフと一緒に1日2度のセッションに取り組んで来た。」

「松葉杖は使わない。足首はすごく良い状態まで回復した。素晴らしい仕事をしてくれたクリニカ・モービルのスタッフに感謝したい。フィリップアイランドと比較して、もてぎはハードブレーキングが沢山あり、低速コーナーがあるから、厳しいレースになることが予想されるけど、僕は準備が出来ている」と、負傷からの復帰に向けて意気込みを語った。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising