S.ブラドルがホンダのファクトリーサポートライダーとしてLCR・ホンダと契約を延長

Bradl stays with LCR for 2014
Thursday, 15 August 2013

昨年11月にファクトリーサポートが決まっていたブラドルが、後半戦の開幕を前に、HRCと合意し、2014年もLCR・ホンダからの継続参戦することが決定した。

LCR・ホンダは15日、ステファン・ブラドルがHRCとの間で、ホンダのファクトリーサポートライダーとして、2014年にLCR・ホンダから参戦することに関して合意したことを発表した。

2011年にMoto2クラスを制覇、2012年に最高峰クラスで新人王に輝いた23歳のドイツ人ライダーは、昨年11月14日、HRCのファクトリーサポートが受けられることが決定。最高峰クラス2年目の2013年は、前戦アメリカGPでドイツ史上初のポールポジションから自己最高位となる2位を獲得。ランク6位に進出している。

「最高峰クラスの1年目、HRCのサポートは非常に重要だった。直接的な協力を受ける今年は、表彰台を初めて獲得した。ルーチョのチームから継続参戦できることが嬉しい。僕たちはお互いに良く理解し、毎戦100%を発揮することが許されるプロフェショナルでフレンドリーな雰囲気を築き上げた」と、HRCの支援と所属チームからの継続参戦を喜んだ。

HRC取締役副社長の中本修平は、「HRCは、2014年にLCRチームで、ステファンと共に仕事を継続できることが大変嬉しいです。彼は期待通りのパフォーマンスを見せ、ルーチョのチームで大変良い仕事をしています。我々は彼らを信頼し、ステファンが早い時期にもう一度表彰台を獲得すること、将来に沢山の表彰台を獲得することを期待します」と、成長するブラドルの躍進に期待を寄せた。

LCR・ホンダのチームマネージャー、ルーチョ・チェッキネロは、「HRCのプログラムの一部となり、2014年にステファンと共に我々のスポーツプロジェクトを継続することを大変嬉しく、誇りに思います。ステファンは2012年のデビューシーズンに世界中を驚かせ、成長している走りを見せてくれます。初表彰台は彼とチーム全員にとって素晴らしい結果でした。2014年、彼を支援するために最善を尽くします」と、来年も引き続きプロジェクトを継続できることを喜んだ。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising