C.クラッチローが最初の走行で2番手発進

Thursday, 4 April 2013

プレシーズン最後のオフィシャルテスト最終日に1番時計を記録したクラッチローが、2012年型M1を走らせ、2013年型M1を走らせるファクトリーライダーたちを猛追。3年目のシーズンに向けて、幸先のスタートを切った。

モンスター・ヤマハ・テック3のカル・クラッチローは、開幕戦カタールGPのフリー走行1で2番時計を記録。3年目のシーズンに向けて好発進した。

10日前にヘレス・サーキットで開催された今年3度目のオフィシャルテストで総合1番手に進出した英国人ライダーは、昨年3番グリッドから4位を獲得したトラックに戻って来ると、17ラップを周回して、1分57秒台を5回、1分56秒台を1回記録。ホルヘ・ロレンソから0.058秒差の2番手に入った。

「個人レベルですごく良い最初のセッションとなった。それに、ヤマハがトップ3に進出した。いつものように、カタールの初日は、特に走行ラインの外側がすごく汚れていた。走行ラインはすごく滑った。」

「ブレーキングとアクセレーションで重量移動が大きいから、明日はバイクを幾つか変更する必要があるけど、ホルヘとバレンティーノの間となる2番手で終われて嬉しい。」

「2番手はグレートだけど、深入りしない。トラックコンディションが良くなって行き、数人は速くなる。表彰台争いは非常にタフとなるだろう。レースが楽しみ。スタートから競争が始まるだろう。自信があり、テストの勢いが役立つだろう」と、初日を振り返った。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising