ホルヘ・ロレンソが医師団の許可を得て決勝レースに参戦

Saturday, 29 June 2013

ウォームアップ走行で連続11ラップを周回したロレンソが、2度目のメディカルチェックを受け、医師団から決勝レースへの参戦許可が下った。

ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームのホルヘ・ロレンソは29日、ウォームアップ走行後、TT・アッセン・サーキット内のメディカルセンターを訪れ、2度目のメディカルチェックを受け、決勝レースへの参戦許可を得た。

手術終了から約29時間後、医師団の許可を得てウォームアップ走行に参戦すると、連続11ラップを周回。1分36秒台を5回記録して、0.714秒差の8番手に進出。

11時に再度メディカルチェックを受けると、医師団から決勝レースの参戦許可が下った。

「僕たちはレースのためにここに来た。ウォームアップ走行の最初の数ラップは、特に加速時ですごく痛かったから、バイクをしっかりとしがみつく必要があった。ギブアップするか走り続けるかを考えたけど、幸運にも走り続けると、痛みが緩和して行った。」

「痛みを避けるために、バイクに身体をモールディングするように慣らして行った。問題は、肩に大きな負担をかけないために、ブレーキングでオーバーテイクしなければいけないこと。」

「グッドなリズムがある。コーナーですごく良い感じがあるけど、当然木曜よりも悪い。とにかく、走ることを決断した。完走することは、ちょっとした勝利だけど、最低でも、5ポイント以上を稼ぎたい。レース後に、レースに参戦した甲斐があったのか見てみたい。アクシデントの後、この2日間の頑張りとチームのサポートを誇りに思う」と、意気込みを語った。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising