C.クラッチロー、2度のハードクラッシュも明日出場

Crutchlow escapes major injury after two crashes
Friday, 12 July 2013

強行日程の中でザクセンリンクに乗り込んで来たクラッチローだったが、初日に連続転倒を喫したことから、両手を路面に激しく打ちつけ、トラックを滑り落ちたことから火傷を負ったが、チームマネージャーは欠場せず、2日目も参戦することを説明した。

モンスター・ヤマハ・テック3のカル・クラッチローは、第8戦ドイツGPの初日に2度の転倒を喫したことから、左前腕と右手首を負傷したが、明日2日目以降も継続して参戦する。

前戦TTアッセンで今季3度目の表彰台を獲得した後、アルゼンチンに移動して、プレスカンファレンスとオフィシャルテストに参加。休む暇なく、昨年4番グリッドから8位に進出したザクセンリンクに戻って来たが、最初のプラクティスとなったフリー走行1の22ラップ目に1コーナーで転倒。

午後のフリー走行2では、7ラップ目の11コーナーで今季7度目転倒を喫した際に、両手を路面に叩きつけられ、激しくトラックを滑り落ちたことから、クリニカ・モービルに搬送された。

チームマネージャーのエルベ・ポンチャラルは、「カルにとって大変困難な1日となったことは明白ですが、大変大きな転倒の後で幸運にも重傷はなかったです。骨折はありませんが、2度目の転倒はトラックを滑り落ちたことから、右手のグローブの中に小石が入り込みました。クリニカ・モービルのスタッフたちは、それらの小石を取り除き、洗浄する必要がありました。」

「前腕は摩擦による火傷を負いました。重傷ではありませんが、非常に痛み、快適ではありません。これから休息を取りますが、明日トラックに飛び出すことは確かです。彼は精神面が大変強く、正真正銘のファイターです。残りの週末にストロングなパフォーマンスを維持できることに疑いはありません」と、2日目の参戦を説明した。

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising