ドゥカティのドビツィオーソとヘイデンはムジェロ経由のカタルーニャ入り

Wednesday, 12 June 2013

ホームレースとなった前戦でドライコンディションでのベストリザルトを獲得したドビツィオーソとヘイデンは、ムジェロに延滞して、2日間の開発テストに参加。ノーストップでドゥカティがグランプリ初優勝を飾ったカタルーニャに乗り込んで来る。

ドゥカティ・チームのアンドレア・ドビツィオーソとニッキー・ヘイデンは、前戦イタリアGP後、ホームトラックのムジェロ・サーキットで、ラボラトリーバイクの開発を目的に、2日間のプライベートテストを実施。休みなしに、カタルーニャ・サーキットに乗り込んで来る。

前戦でドライコンディションにおける最高位の5位に進出したドビツィオーソは、ランク5位に浮上。当地では、昨年最高峰クラス5度目の挑戦で、初めて表彰台を獲得していた。

「チャンピオンシップでのベストサーキットの1つ。レースウィークでスペインに行くことはいつも楽しい。あそこでGP13での走行経験がない。高速コーナーでバイクが後方に動いてしまうから困難なトラックだろう。ムジェロでのグッドな週末と継続したテストの後で、楽観的な感触がある」と、前向きな姿勢を見せた。

前戦で6位に進出したヘイデンは、ランク6位に浮上。ドゥカティ入りした2009年から10位、8位、8位、9位だったが、タイトルを獲得した7年前の2006年には2位に進出していた。

「この数年間、バルセロナは僕にとってグッドなサーキットではない。このトラックで重要な高速コーナーで難しさがあったけど、ファンタスティックなトラック。この2年間よりも良い結果を獲得したい。前進するために懸命に働こう」と、8位以上のリザルトを目標に設定した。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising