中量級の新規参戦、ダイナモボルト・インタクトが発表会

Moto2™ is powered by
Monday, 11 March 2013

Moto3クラス王者のコルテセを中心に結成された新規参戦チーム、ダイナボルト・インタクト・グランプリがチーム発表会を実施。3年計画の1年目に向けて、オフィシャルテスト前にプライベートテストを行う。

Moto3クラス初代王者サンドロ・コルテセのキャリアを支援してきたスポンサーの協力を得て、2015年までの3年計画の下、新たなに結成したダイナボルト・インタクト・グランプリは9日、ドイツ南部のメミンゲンでチーム発表会を実施した。

Moto2クラス進出に向けて、昨年11月20日から3日間、スペイン南部のアルメリア・サーキットでチーフクルー、ユリゲン・リングの指揮の下、カレックスを初走行すると、バレンシアで開催された今年初のオフィシャルテストでは、2.156秒差の総合21番手。ヘレスでの2度目のテストでは、1.488秒差の総合12番手に進出。

「新しいチームは夢の現実。ユリゲンをはじめ、過去に一緒に仕事をしたスタッフたちが集まってくれたから、これ以上要求することはできない。確かに、このクラスで沢山の新しい経験を積まなければいけない。この数年間の軽量級王者たちに注目してみれば、レベルの高い中量級への順応にある程度の時間を必要としていた。」

「この冬は素晴らしい準備ができた。2013年は経験を積む時期。バイクはパワフルだから、ライディングスタイルを適応することが強いられる」と、中量級1年目に向けて抱負を語った。

ダイナボルト・インタクト・グランプリは、ヘレス・サーキットで開催される18日からのオフィシャルテストを前に、アルメリア・サーキットに立ち寄り、プライベートテストを実施する。

ビデオ:

See all videos for this event

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising