エスパルガロ兄弟が四輪の24時間耐久レースに挑戦

Sunday, 8 September 2013

過去、アラゴンで開催された四輪レースやアンドラでのアイスレースに参戦経験があるエスパルガロ兄弟が、24時間耐久レースに初挑戦。3連戦の疲れを感じさせない走りで、完走を果たした。

パワー・エレクトロニクス・アスパル・チームのアレックス・エスパルガロとトゥエンティ・HP・40のポル・エスパルガロは週末、カタルーニャ・サーキットで開催された四輪の24時間耐久レースに参戦。総合39位、グループ別8位だった。

第10戦インディアナポリGPからの3連戦を終えた後、2人のドライバーと4人体制のチームを結成して、6日から始まったフリー走行に参加。ルノー・クリオ・カップを走らせて、58台が参戦した中、7日の12時に16番グリッドからスタートすると、途中メカニカルトラブルに見舞われながらも、完走39台中39番手でチェッカーを受けた。

「すごく楽しかった。接触が多かったから、車体はボロボロになってしまったけど、決定的に良い経験となったから、また挑戦したい」と、兄アレックスは感想を語れば、「グランプリの日程次第だけど、また走りたい。次は問題なしで、上位に進出したい」と、弟ポルは将来への参戦を熱望した。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising