2014年4月にテルマスでアルゼンチンGP開催

Wednesday, 28 November 2012

チャンピオンシップの商業権を所有するドルナスポーツのCEOエスペレータがアルゼンチンを訪問。アウトドルモ・テルマス・デ・リオ・オンドの改修工事を確認した後、現地と首都のブエノスアイレスで共同会見を開き、開催中止の理由を説明。条件付きで2014年4月のグランプリ開催を認め、2013年にオフィシャルテストを実施する計画を明かした。

ドルナスポーツのCEO最高経営責任者、カルメロ・エスペレータは27日、アルゼンチンを訪問。アウトドルモ・テルマス・デ・リオ・オンドを訪れた後、首都ブエノスアイレスで共同会見に出席して、予定されていた2013年のグランプリ中止を説明。2014年に初開催する方針を明かした。

チャンピオンシップの商業権を所有するドルナスポーツは23日、安全面を考慮して、2013年の開催日程にアルゼンチンGPを含まないことを発表。

当社の代表は、改修工事が進められているアルゼンチン北部のサンティアゴ・デル・エステロ州に位置するサーキットを自ら訪問して、工事の着工状況を確認。

現地での共同会見後、ブエノスアイレスに移動して、サンティアゴ・デル・エステロ州知事のヘラルド・サモラ、アルゼンチンGPのプロモーター、OSD社代表のオルリー・テラノバと共に共同会見を開き、「サーキットをより良く把握するため、着工されている工事状況を確認するために来ました。レイアウトはオリジナル。高速トラックになるでしょう。素晴らしいサーキットの建設を実行しているヘラルド・サモラ州知事、エンリケ・メジュール観光相、そして、グランプリのプロモーターを祝福したいです。」

「開催条件をクリアーすれば、2014年の4月にテルマスでアルゼンチンGPの開催を確認するために来ました」と、アルゼンチン訪問の理由を説明した。

さらに、昨年9月にパリで実施した開催合意の調印式から来年の開催中止となった理由に関するまで、経緯の詳細を説明した後、「テストを実施しなければいけません。2013年の6月、7月に3クラスのオフィシャルテストを実施することになるでしょう」と、テスト計画を明かした。

サモラ州知事は、エスペレータの訪問並びに来年の開催に感謝の言葉を述べた後、「我々の期待は、国民に約束しました国際的なイベントであるMotoGPを2013年に開催することでした」と語り、OSD社のテラノバ代表は、「エスペレータの訪問は、テルモスで実施されているプロフェショナルでシリアスな仕事に対する大きな支援を意味します」と、締め括った。

TAGS 2013

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising