レッドブル・ルーキーズ・カップ~23名がMoto3マシンをシェイクダウン

Monday, 25 February 2013

将来のMoto3クラス昇格を視野に入れ、6年間使用してきた2ストローク125ccマシンから4ストローク250ccマシンに変更。シェイクダウンのため、ヘレスで2日間のテストを実施した。

レッドブル・ルーキーズ・カップは23日、第2戦スペイン大会の開催舞台となるヘレス・サーキットで実施した2日間の今年初テストを終了。カレル・ハニカ(チェコ)が1番時計を記録。日本から参戦の渡辺ユヰは、参加23名中17番手だった。

7年目を迎える2013年シーズンに向け、6年間使用してきたKTMの2ストロークマシンRC125から、将来のMoto3クラス昇格を視野に入れ、4ストロークマシンRC250Rに変更。

昨年初参戦の1年目にランク3位を獲得した16歳のハニカは、1分52秒025の1番時計を記録すれば、昨年最年少参戦でランク13位に進出した13歳のステファノ・マンジ(イタリア)が、0.473秒差の2番手。

初参戦組では、16歳のトプラクカラ・ラズカトリオグロ(トルコ)が最高位の4番手に進出。14歳のアンソニー・アロンソ(アメリカ)は、初日のウェットで1番時計を記録した。

参戦2年目を迎える16歳の渡辺は、1.821秒差の17番手。昨年10月の選考会に合格した13歳の三原荘紫は、インフルエンザが原因でテスト参加を見送った。

ヤングライダーたちは、3月12日から2日間のテストを実施するために、当地に再集結。オースティンでのオープニングレースに向けて準備を進める。

TAGS 2013

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising