N.ヘイデンがジャカルタの市街をツーリング

Thursday, 11 April 2013

開幕戦後、ヘイデンがアメリカ帰国前にインドネシアを初訪問。シェルアドバンスのグローバルキャンペーンに参加して、100人を越えるファンと一緒にツーリングを楽しんだ。

ドゥカティ・チームのニッキー・ヘイデンは10日、チームのテクニカルパートナー、シェルアドバンスの招待を受けて、開幕戦カタールGP後、インドネシアの首都ジャカルタを訪問。地元警察の先導を受け、100人を越えるシェルアドバンスのユーザーと共に市内を走行した。

シェルアドバンスのグローバルキャンペーン、『エンジョイ・エブリイ・ライド』でファンとの走行を楽しんだアメリカ人ライダーは、「初めてのインドネシア訪問は最高の体験だった。巨大なグループと一緒にジャカルタの街を走ることは信じられない。」

「シェルアドバンスのイベント参加はとても楽しかった。バイクを大切にすることは非常に重要。良い潤滑油を使用することは、バイクの寿命を長引かせることに役立つ。僕たちは、トラックでのパフォーマンスにとってベストだから、シェルアドバンスだけを使用する」と、ツーリング後に語った。

キャンペーンの一環として、ビーカー、フラスコ、チューブがミキサー、カクテルシェーカー、フルーツジュース、蜂蜜に置き換わった科学者たちによるデモストレーションにも参加。潤滑油の技術数式が信頼性、コントロール、楽しさと言った生活を向上する幾つかの要素が含まれるカクテル作りを楽しんだ。

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising