N.ヘイデン、今季末にドゥカティから退団

Hayden to leave Ducati Team at end of year
Thursday, 18 July 2013

昨年1年間の契約を延長したホームのラグナセカに戻って来た地元の英雄ヘイデンだったが、契約満期となる今季末にドゥカティとのパートナーシップに終止符を打つことを発表。MotoGPクラスへの継続参戦を希望する一方で、複数のオプションを検討する。

ドゥカティ・チームのニッキー・ヘイデンは18日、第9戦アメリカGPのプレスカンファレンスで、今季末で契約満期となるドゥカティ・コルセから退団することを発表。来季の就任先に関しては、複数のオプションから検討することを明かした。

2005年と2006年に優勝を挙げたホームトラックに戻って来ると、「最初の2年は計画通り。特に1年目は夢のようだった。僕たちは最高の状態で、ここに来ていないけど、サマーブレイク前に良いことを期待する」と、ファンの前での好走を誓った。

昨年の当大会初日に、1年間の契約を延長して、2009年から5年連続してドゥカティに所属してきたが、契約満期となる今季末でパートナーシップに終止符を打つことを発表。

「来年、僕はドゥカティで戻って来ない。何をするのか確かではない。興味深いオプションがある。レプソル・ホンダが僕のドアをノックすることは確かではない。もちろん、僕のハートはMotoGPにあるけど、オプションを検討しなければいけない。不運にも、ここ数戦のリザルトは計画通りではなかったけど、それが現実だ」と、今後来季の就任先を検討することを説明した。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising