HRCがRCV1000Rを発表

Honda Racing Corporation unveils RCV1000R for 2014
Thursday, 7 November 2013

HRCは、MotoGP゛オープン゛クラスに投入するプロトタイプマシン、RCV1000Rをバレンシアで初披露。来季3チーム、4人のライダーたちの使用が決定しており、最終戦バレンシアGP後のオフィシャルテストでヘイデンとレディングがシェイクダウンを行う。

HRCは最終戦バレンシアGPの開催を前日に控えた7日、リカルド・トルモ・サーキットのパドック内に設置したホスピタリティで、2014年に投入するRCV1000Rを初披露。来季3チーム、4人のライダーたちの使用が決まっている。

市販レーサーとして、日本国内でテストを繰り返してきたRCV1000Rは、プロトタイプマシンRC213Vの車体をベースとして、バルブスプリングエンジン、トラディショナルギアボックスを使用。

MotoGP゛オープン゛クラスに投入することから、マニエッティ・マレリ製のハードウェアとソフトウェアを搭載。燃料は24リットル。年間で最大12基までのエンジンの使用が可能。

2014年には、ホンダ・グレシーニのスコット・レディング、カルディオン・AB・モーターレーシングのカレル・アブラハム、アスパル・チームのニッキー・ヘイデンと今週末に発表が予定されている2人目のライダーが使用する。

TAGS Valencia

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising