ホンダ、2013年モータースポーツ活動を発表

Friday, 8 February 2013

オフィシャルテストで総合1番手と4番手に進出したペドロサとマルケスがセパンから直行して参加した発表会で、本田技研の伊藤社長が3冠奪回を主張。アジア地域の活性化として、イデミツ・ホンダ・チーム・アジアをサポートすることを説明した。

本田技研工業は8日、東京・南青山の本社で2013年モータースポーツ活動の概要と各カテゴリーの参戦態勢などを発表。最高峰クラスでの3冠奪還を目指し、Moto2クラスに新規参戦するイデミツ・ホンダ・チーム・アジアをサポートする。

今年初のオフィシャルテストで3日間連続して1番時計を連発したダニ・ペドロサと総合4番手に進出したMoto2クラス王者のマルク・マルケスは、レプソル・ホンダのチームマネージャー、リビオ・スッポと共に発表会に参加するためにマレーシアから駆けつけると、中量級に新規参戦するホンダ・アジア・チーム・タディは、出光興産の支援を受けて、『イデミツ・ホンダ・チーム・アジア』として参戦。ニューデザインを発表した。

創業当時から世界の頂点を目指して、モータースポーツ活動を展開してきた本田技研工業の代表取締役社長執行役員、伊藤孝紳は、「ホンダがホンダらしく成長するためには、モータースポーツが欠くことのできない存在であると改めて実感しました。全世界で二輪・四輪をあわせて100以上のカテゴリーに参戦もしくはサポート活動をしているのは、世界の自動車メーカーの中でも、ここまでモータースポーツに関わっている企業はホンダの他にはどこにもないと自負しております。」

「私共はこれからもモータースポーツ活動の発展を使命ととらえ、日本そして世界のお客様と喜びを共有して、お客様の期待に応えるべく、活動を強化して参ります」と、モータースポーツ活動のグローバル展開・強化を説明。

二輪モータースポーツ活動に関しては、今年もワークスチームのレプソル・ホンダ・チームが参戦。戦闘力が高まったRC213Vでライダー、コンストラクターズ、チームの3冠を目指すことを主張。

「昨年コンストチャンピオンラクターズとチームの2冠を獲りましたMotoGPでは、ベテランのダニ・ペドロサに加え、昨年のMoto2クラスチャンピオン、マルク・マルケスが加入します。さらに、我々もマシンを熟成させ、二輪最高峰クラスでの2年ぶりの3冠奪回を目指します。」

Moto2クラスでは、2010年からオフィシャル・エンジ・サプライヤーとしてCBR600RRをベースにしたエンジンの供給を、2015年まで継続することを発表。

さらに、アジア地域における二輪レースの活性化を目指して、「新たな取り組みとして、今シーズンより参戦を開始するイデミツ・ホンダ・チーム・アジアをサポートして行きます。成長著しいアジア市場において、モータースポーツファンの拡大と将来のグランプリライダーの育成強化を図ります」と、説明した。

TAGS 2013

ビデオ:

See all videos for this event

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising