B.スピース:「今年中に復帰することは難しいだろう」

Tuesday, 17 September 2013

復帰したインディアナポリスで転倒を喫して、強打した左肩を肩鎖関節脱臼したスピースは、リハビリができず、自宅で静養。今年中の復帰は困難であることを説明し、噂されているドゥカティとの確執を一蹴した。

イグナイト・プラマック・レーシングのベン・スピースは16日、ミサノ・ワールド・サーキット-マルコ・シモンセリでオフィシャルテストが開催された一方で、第10戦インディアナポリスGPのフリー走行3で転倒した際に負傷した左肩の回復具合に関して説明。今季中の復帰が困難であることを明かした。

現在の体調は?
正直、今はすごく良い。インディでは非常に危険だった。この9~10ヶ月に起きたことを、十分に説明することができない。ドゥカティやファンに対しても欲求不満となってしまった。同情を求めるつもりは全くないけど、この状況におけるライダーの心境をどれほどの人たちが理解してくれるか分からない。

インディでは100%だった。馬鹿げたミスで、全ての仕事が台無しになってしまった。転倒後、直ぐにダメージを負ったことに気づいた。鎖骨だけを祈ったけど、また肩を怪我してしまった。以前、2段階と3段階の怪我を負ったことがあり、走ることができたけど、今回の怪我の評価は5段階。走ることは不可能で、手術しか手段がなかった。本当にがっかりした。

現状、トレーニングは?
全くできない。それが辛い。リカンベント(背もたれつきのシートに座り、足を前方に向けた姿勢での屈伸運動を動力とする)を始めたところだけど、ゆっくり足を動かしている程度。

アクシデントが起きてしまうと、それは非常に欲求不満となり、メディカルセンターで待機している間、チームのこと、ファンのこと、いろんなことが頭の中を駆け巡る。

ダラスカウボーイズ(アメリカンフットボールのチーム)の医師に診断してもらい、今はシーズン中だけど、電話で指示を受けている。今は家にいて、全てのクラスをテレビで観戦している。どのような走りをしているか観ている。映画の批評家にもなり始めた!

タイトル争いをどのように観ているか?
本当に感動的だ。ホルヘはシルバーストンで良い仕事をした。最終コーナーでリスクを背負ったけど、目標を達成した。マルクは素晴らしい。転倒の後で優勝争いをする能力があった。大きなリスクを冒している。ミスを犯している。ホルヘはその状況を知って、機会を活かすように準備を整えている。ミサノはグッドなレースだったけど、シルバーストンの印象が強い。チャンピオンシップはオープンだ。

多くのライダーたちは2014年の計画を進めている。ベンの来年は?
今の目標は100%に回復すること。その後に状況を確認しよう。今週、医師に診断してもらい、リハビリを何時から始めるか、どのように進めるかを決める。ドゥカティとは2、3日置きに連絡を取り合って、バイクの進歩を確認している。

ヨニー・エルナンデェスが次戦アラゴンGPでベン車を使用する。
幸運を祈る。彼にとってはビックなチャンス。良い仕事をすることを期待する。

現時点では、リハビリを開始する時期が決まっていない。今はただ待つだけ。シーズンの最終戦、またはウインターブレーク前のテストに参加したいけど、そのようなことが起きるのは難しいだろう。もし今年バイクに戻れないようであれば、唯一ポジティブなのは、100%の体調に回復するために、リハビリの時間が十分に取れることだろう。

プラマック・レーシングと決裂したという噂が流れたけど?
ドゥカティとの関係は最高。噂されているようなことは何もない。肩を脱臼したけど、脱臼と離脱には大きな違いがあり、そこが基本的な違いで噂になったのだろう。彼らとの関係が離れたことはない。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising