ドゥカティ&アビンティア・ブルセンス合同テスト:H.ヘイデンが1番時計

Jerez Test Day 1
Wednesday, 28 November 2012

12月1日からのテスト禁止を直前に控えた中、ドゥカティ・チーム、プラマック・レーシング、アビンティ・ブルセンスの3チームが来季第3戦スペインGPの舞台となるヘレス・サーキットで3日間のプライベートテストを開始した。

ドゥカティとアビンティア・ブルセンスの合同テストは28日、ヘレス・サーキットでスタート。ニッキー・ヘイデンがトップタイムをマークした。

ドゥカティ・チームのヘイデンとアンドレア・ドビツィオーソ、プラマック・レーシングのアンドレア・イアンノーネ、テストライダーのミケーレ・ピロ、アビンティア・ブルセンスのエクトル・バルベラと青山博一は、好天候に恵まれた中、スーパーバイク世界選手権に参戦する複数のチームとサーキットを共有する形で、悪天候により消化できなかったオフィシャルテスト時のテストプログラムを継続。

2度目のテストとなるドビツィオーソだったが、3ラップ後に首の張りを訴えて、その後の走行をキャンセル。マッサージを受けることに専念すれば、ヘイデンは前回に続き、2タイプのシャーシを比較。バレンシアで投入した新しいスイングアームのテストにも着手して、3番グリッドを獲得した第2戦スペインGP公式予選の記録(1分40秒563)に接近した。

最高峰クラスに初挑戦するイアンノーネは、バレンティーノ・ロッシと体格が等しいことから、オフィシャルテストでは似たようなジオメトリーで走行を開始したが、スムーズに走れないことから、今回から自分に適切なジオメトリーを改めて追求。同時に電子制御の理解度アップに取り組んだ。

CRTから挑戦する青山とバルベラは、ヨニー・エルナンデェスが7ヶ月前の第2戦スペインGP公式予選で17番手、CRT勢で5番手に進出した記録(1分44秒467)を大きく更新。幸先のスタートを切った。

1日目リザルト
N.ヘイデン: 1分40秒855 (77ラップ)
M.ピロ: 1分41秒720 (69ラップ)
A.イアンノーネ: 1分41秒834 (66ラップ)
青山博一: 1分42秒509 (55ラップ)
H.バルベラ: 1分42秒900 (61ラップ)

サーキットレコードラップ‐D.ペドロサ: 1分39秒731 (2010年)
サーキットベストラップ‐J.ロレンソ: 1分38秒189 (2008年)
2012年ポールポジションタイム‐J.ロレンソ: 1分39秒532
2012年CRTベストタイム‐R.ドプニエ: 1分41秒700

ビデオ:

See all videos for this event

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising