ケータハム・モトレーシング・チーム、J.ザルコの起用を発表

Moto2™ is powered by
Thursday, 7 November 2013

将来の最高峰クラス参戦を視野に入れ、セパンで来季の新規参戦を発表したケータハム・モトレーシング・チームは、全米王者のヘンリに続き、今季の中量級で安定した走りを見せるザルコを指名。1年目に向けて、チーム体制が整った。

ケータハム・モトレーシング・チームは7日、今季ランク9位に進出するヨハン・ザルコとの間で2014年に関して合意したことを発表。来季の新規参戦に向けて、チーム体制が決定した。

10月13日、第15戦マレーシアGPの開催地、セパン・インターナショナル・サーキットにおいて、英国の自動車メーカー、ケータハム・グループは、将来の最高峰クラス進出を目標に、2014年からMoto2クラスにシューター製のマシンを使用して参戦を開始することを発表。第1ライダーに、全米スーパーバイク選手権でチャンピオンに輝いたカリフォルニア州出身の23歳、ジョシュ・ヘンリを指名していた。

2年前に125ccクラスでランク2位に進出した際に、アバント-エアアジア-アジョから参戦したフランス人ライダーは、「ケータハム・モトレーシング・チームに加入できることが嬉しい。チャンピオンシップにデビューする新しいチームから最初のライダーに指名されたことを誇りに感じる。1年目は安定して好成績を挙げたい。この2年間の経験を活かさなければいけない。」

「2011年にランク2位を獲得するカギとなったトニー・フェルナンデェス(ケータハム・グループとエアアジアの最高経営責任者)をはじめ、当時一緒に働いた沢山の人たちから支援が得られることはナイスだ」と、新天地への移籍を喜んだ。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising