J.フォルガーが右手首を亀裂骨折

Wednesday, 12 June 2013

前戦で今季初のポールポジションから優勝争いを演じたフォルガーが、オフィシャルテスト後に、イタリアに延滞してモトクロストレーニングを実施していたが、転倒を喫した際に右手首を強打して、亀裂骨折を負った。

マプフレ・アスパル・チームのジョナス・フォルガーは、先週の5日に、イタリアのミラノとボローニャの中間点に位置するマントバで、モトクロスを使用したトレーニング中に転倒を喫した際に右手首を強打。近郊の病院で精密検査を受けた結果、亀裂骨折が見つかった。

前戦イタリアGPでポールポジションから6位、オフィシャルテストで総合5番手に進出した後、北へ約200キロ移動して、ライディングスキルを向上するために取り入れているモトクロスでトレーニングを実施していたが、フロントから転倒を喫した。

「不運だった。馬鹿げた転倒でダメージを受けてしまった。まるで手首が折れてしまったようだった。今は早期回復を目指して休息中。痛いけど、良くなっている」と、説明した。

19歳のドイツ人ライダーは、木曜にサーキット内のメディカルセンターでメディカルチェックを受け、医師団の許可が下れば、金曜の最初のプラクティスに参加する。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising