サロン&リンスがスロバキアでプライベートテスト

Friday, 26 July 2013

タイトル争いを展開するサロンとリンスが、KTMがオーガナイズした2日間のプライベートテストのため、チェコ、オーストリア、ハンガリーの国境に近い、スロバキアのサーキットを訪問。後半戦に向けて準備を進めた。

レッドブル・KTM・アジョ・モータースポーツのルイス・サロンとエストレージャ・ガルシア・0.0のアレックス・リンスは25日、KTMがスロバキアのスロバキア・リングで主催した2日間のプライベートテストを終了。第10戦インディナポリスGPから始まる後半戦に向けて、複数のセッティングを試す機会となった。

チェコのブルノ、オーストリアのウィーン、ハンガリーのブダペスト近郊に建設されたスロバキア・リング・サーキットは、2009年に開設されてから、世界ツーリングカー選手権、GT1世界選手権など主に四輪の大会が開催されるテクニカルな低速コース。

ポイントリーダーのサロンとランク3位のリンスは、2日目の午前に雨に見舞われたが、2日間で1周3.7キロのコースを120ラップと151ラップを周回。

ランク1位で前半戦を折り返すことに成功したサロンは、「KTMと一緒に取り組んだ2日間のテストは、とても良かった。全ての分野におけるセッティングを試し、沢山の情報を収集した。それが大切。今後に大きく役立つ2日間になったと思う。」

「サーキットが気に入った。チャンピオンシップが開催されるサーキットとは全く異なる。コーナーが沢山あり、ザクセンリンクよりも低速だ。後半戦は連戦が多いから、インディアナポリスに移動するまで、これからフィジカルトレーニングに集中する」と、後半戦へ意気込みを語った。

飛躍の2年目となっているリンスは、「ポジティブなテストとなった。KTMのグッドなフィーリングがあり、異なった分野のセッティングを試すことができた。インディアナポリスに向けて、セッティングの仕事ができたことも嬉しい。初めてのサーキットだったけど、気に入った。将来、ここでグランプリが開催されることを期待する」と、サロン同様に充実したテストになったことを説明した。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising