F.アルト、延長契約解除後に右手首を骨折

Monday, 14 October 2013

元ルーキーズカップ王者アルトは、1年間で身長が12センチ伸び、今後も成長が医学的に予想されることから、所属チーム、キーファー・レーシングとの間で1ヶ月前に締結した延長契約を解除することで合意。他のカテゴリーへの転向を目指す。

キーファー・レーシングは11日、フロリアン・アルトとの間で、延長契約の解除に関して、身体的な問題を理由に合意したことを発表。今後、来季起用するライダーを探すことになり、アルト自身も他のカテゴリーへの転向を目指すことになった。

8月31日、2012年レッドブル・ルーキーズ・カップ王者のドイツ人ライダー、17歳のアルトの継続起用を発表したが、2週間後の第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPから、身長が1年間で12センチ伸びて、現在184センチに到達。精密検査の結果、今後も成長が続くと予想されることから、軽量級の継続参戦が不適切と判断。双方の合意により、契約を解除することを決断した。

契約解除発表の翌日、フリー走行3でハイサイドから今季5度目の転倒を喫した際に、右手首を骨折。完治までに3~4週間と診断されたことから、当チームでのラストレースとなる最終戦バレンシアGPの参戦が微妙となった。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising