L.ロイ、デビュー戦を前にフランス選手権に参戦

Wednesday, 3 April 2013

チャンピオンシップ最年少のロイは、まだ出場最低年齢に達していないことから、開幕戦でのデビューはお預けとなるが、経験を積む目的で、ルマンで開催されたフランス選手権にスポット参戦した。

マーク・VDS・レーシングのリビオ・ロイは31日、第4戦フランスGPの開催地、ルマンで開催されたフランス選手権の開幕戦ルマン大会にワイルドカード参戦して、ポールポジションから優勝を飾った。

チャンピオンシップ最年少のベルギー人ライダーは、4月27日に出場最低年齢の16歳となることから、今週末の開幕戦カタールGPと第2戦アメリカズGPには参戦できず、デビュー戦は、5月5日の第3戦スペインGPまでお預け。

チームは、参戦1年目のライダーが国内選手権への参戦が許可されることから、経験を積むことを目的に、チャンピオンシップの開催地となるルマンで開催されたフランス選手権への参戦を計画。

KTMエンジンを搭載したカレックスを走らせた3度のオフィシャルテストで総合14番手、21番手、21番手だった後、3月にプライベートテストを実施した当地に戻って来ると、公式予選が雪のために中止となったことから、フリー走行2の順位がスターティンググリッドに反映され、ポールポジションを獲得すると、決勝レースでは、第4戦フランスGPでワイルドカード参戦を予定するジュール・ダニーロをコンマ3秒差で抑えて優勝を飾った。

レッドブル・ルーキーズ・カップ出身のロイは、チームに同行して、カタール・ドーハに移動。4月28日には、走行経験がないカタルーニャ・サーキットで開催されるスペイン選手権にスポット参戦を計画。第6戦カタルーニャGPに向けて準備を行う。

TAGS 2013 Le Mans Circuit

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising