キーファー・レーシング、L.グリュンヴァルトを指名

Wednesday, 6 November 2013

キーファー・レーシングは、1年間で身長が12センチ伸びたアルトとの延長契約を解除した直後、負傷代役として起用していた元ドイツ選手権王者のグリュンヴァルトを、昨年は経済的な理由で起用を見送っていたことから、2年越しの末に招集することを発表。ベネズエラ出身のラモスと共に2014年体制が決定した。

キーファー・レーシングは5日、今季負傷代役として起用したドイツ出身のルカ・グリュンヴァルトとの間で、2014年の参戦に関して合意したことを発表。9月27日に契約を締結したベネズエラ出身のガブルエル・ラモスと共に、2014年体制が決定した。

8月31日に延長契約を発表したフロリアン・アルトとの間で、成長期の過程で既に身長が184センチに到達することから、軽量級に不適正と判断し、9月11日に双方合意の上で契約を解除。12日の第15戦マレーシアGPで右手首を骨折したことから、第16戦オーストラリアGPと前戦日本GPに負傷代役として、グリュンヴァルトを召集。

2011年と2012年にドイツ選手権の125ccクラスとMoto3クラスでチャンピオンに輝いた18歳のドイツ人ライダーは、「世界選手権参戦という目標を達成できることが嬉しい。ようやく実力を証明できる。1年目の目標は、安定してポイント圏内に進出することだ」と、意気込みを語った。

TAGS 2013 Kiefer Racing

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising