M.ビニャーレス、8戦連続の表彰台連取でランク2位に進出

Thursday, 18 July 2013

今季最も困難な週末を3位表彰台でまとめ上げたビニャーレスが、初タイトル獲得に向けて、8戦連続の表彰台連取。2年連続して、ランク2位で前半戦を折り返し、昨年の教訓を活かして、後半戦からの巻き返すを目指す。

チーム・カルボのマーベリック・ビニャーレスは、サマーブレイク直前となる前半戦最後の第8戦ドイツGPの決勝レースで、6番グリッドから3位に進出。開幕戦カタールGPから全8戦連続して表彰台を連取して、ポイントリーダーから14ポイント差のランク2位に位置した。

スペイン選手権時代から所属していたチームとの間で、技術的な確執により、新天地に移籍することを決断すると、3月のオフィシャルテストで右手薬指の先端を欠損する負傷を負ったが、3年目シーズンを2位で発進。2戦連続の2位を獲得した後、負傷から1ヶ月後の第3戦スペインGPで今季初優勝を飾り、ポイントリーダーに飛び出したが、第5戦イタリアGPから僅少さで優勝を逃し続け、ランク2位に後退した。

「2位でゴールしたと思ったから、少し残念だったけど、今回はシーズンで一番難しい週末だった。僕たちは懸命に働き、ウォームアップ走行まで適したセッティングが見つけられなかった。今後、直ぐに見つけられるようにトライしなければいけない。」

「アレックス(・リンス)とルイス(・サロン)を追いかけることができないと考えた。限界の走りだったし、プラクティスの内容が悪かったから、7位、8位で終わりそうな感じだった。その中で表彰台を獲得。何とか救われた」と、困難な状況の中で今季8度目のトップ3入りを喜んだ。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising