M.ビニャーレス、負傷に克服してベストリザルトを狙う

Thursday, 4 April 2013

プレシーズンのオフィシャルテストで圧倒的な高速リズムを刻んだビニャーレスは、最後のテストで右手薬指を負傷したが、軽量級最後のシーズンでのタイトル獲得を目標に、2年連続のオープニングレース優勝を目指す。

チーム・カルボのマーベリック・ビニャーレスは、右手薬指の負傷からまだ完治していないが、自信を持って、2年連続の開幕戦カタールGPの優勝を狙いに行く。

軽量級最後のシーズンに位置付け、FTR‐ホンダからKTMに乗り換えた昨年ランク3位のスペイン人ライダーは、2月のオフィシャルテストで連続して総合1番手に進出。ヘレス・サーキットで開催された3度目のテストでは、3日目の合同セッションでプレシーズン最多となる9度目の1番時計を記録したが、その直後に初転倒を喫して右手薬指を負傷。

最終日の走行をキャンセルして、総合2番手に後退したが、バルセロナ市内の病院で受けた右手薬指の末節骨と軟組織の再構成及び皮膚を塞ぐ顕微(けんび)手術は成功。感染症もなく、順調に回復して、2年前のデビュー戦で9番グリッドから9位、昨年は2番グリッドから独走優勝したロサイル・インターナショナル・サーキットに乗り込む。

「手術の後、順調に回復した。早くバイクに乗りたい。走る時にどのくらい痛みがあるか確認するけど、我慢して、状況に適応しよう。カタールは好きなトラック。夜に走るのも気に入っているし、自信を持って、週末を迎える。それに高速トラックだから、KTMにアドバンテージがある。シーズンの緒戦にベストリザルトの獲得にトライする」と、2年連続の優勝に挑戦することを誓った。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising