M.ディメッリオ、後続車にひかれて骨盤を骨折

Moto2™ is powered by
Mike Di Meglio Brno crash
Monday, 26 August 2013

ハイサイドから激しく路面に叩きつけられ、後続にひかれたディ・メッリオは、骨盤の尾骨を骨折したことから、約30日間の絶対安静が必要となったが、転倒に巻き込まれたモンカヨとシェレッターには大事には至らず、次戦に参戦する。

JiR・Moto2のマイク・ディ・メッリオは、第11戦チェコGPの決勝レースで、17番グリッドから転倒、後続車にひかれるアクシデントにより、骨盤の尾骨を骨折。約30日間の絶対安静が必要となり、次戦イギリスGPを欠場することになった。

第4戦フランスGPで7位に進出する好走を見せた25歳のフランス人ライダーは、後半戦からの巻き返しを目指して、サマーブレイク中の8月4日から2日間、ムジェロ・サーキットでプライベートテストを実施。チームが招集したイタリア選手権スーパースポーツクラスでランク2位に進出する18歳のマルコ・ファッカニと共に走り込みに専念。

今季10戦目を17番グリッドから迎え、トニ・エリアス、ランディ・クルメンナッハ、マンシェル・シュレッター、アルベルト・モンカヨと16位争いを展開していたが、ラスト5ラップの4コーナーで今季8度の転倒により、ハイサイドから路面に激しく叩きつけられた直後、モンカヨ車にひかれるアクシデントに見舞われた。

クリニカ・モービルからブルノ市内の病院に搬送され、精密検査を受けた結果、骨盤の尾骨骨折が判明。約30日間の絶対安静は必要となり、今週末の次戦イギリスGP、3週間後の第13戦サンマリノ&リベイラ・ディ・リミニGPを欠場。第14戦アラゴンGPの参戦も微妙となった。

転倒に巻き込まれたモンカヨは、ディ・メッリオの様態を心配して、コースサイドで帯同。モンカヨ自身に怪我はなく、ディ・メッリオ車に激突したシュレッターも大事には至らず、次戦イギリスGPに参戦する。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising