M.ディメッリオ、残り4戦も欠場

Moto2™ is powered by
Tuesday, 1 October 2013

ブルノでハイサイドから転倒を喫した直後に後続車にひかれたディ・メッリオが、1ヶ月後に精密検査を受けた結果、当初の診断よりも重傷であることが判明。シーズン残り4戦を欠場することを、ソーシャルネットワークで発表した。

JiR・Moto2のマイク・ディ・メッリオは28日、自身が運営するソーシャルネットワークで、第11戦チェコGPの負傷が当初の診断よりも重傷であることから、シーズン残り4戦を欠場することを発表した。

ブルノ・サーキットで開催された第11戦チェコGPの決勝レースで、ハイサイドから転倒した直後、後続車にひかれるアクシデントに見舞われ、骨盤を骨折。2日後にブルノ市内の病院から退院して、出身地のフランス・トゥールーズに帰国。約30日間の安静が必要と診断されていたが、その後の精密検査の結果、当初の診断より重傷であることが判明した。

「ブルノの転倒から約1ヶ月。骨折の回復具合を確認する検査を辛抱強く待っていた。スポーツ専門医での検査結果は、望んでいたよりもあまり良くなかった。あの激しい転倒後、神経に影響がなかったのは大変幸運だった。医師は非常にリスクがあることから、レースへの復帰を禁じた。」

「厳しい1ヶ月間だった。マレーシアで復帰することを考えていた。この困難な時期に僕を支えてくれる人たちに感謝したい。ファンの応援に心から感謝したい」と、状況を説明。

チームは、第12戦イギリスGPから2戦連続して、英国選手権に参戦するオーストラリア出身のジェイソン・オハーランを起用。第14戦アラゴンGPでは、スペイン選手権のポイントリーダー、ロモン・ラモスを負傷代役に指名していた。

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising