フリー走行1:中上貴晶が今季2度目の1番時計発進

Moto2™ is powered by
Moto2 Misano FP1 Report Nakagami
Friday, 13 September 2013

3戦連続の2位を連取して、ミサノに乗り込んで来た中上が、インディアナポリスに続いて、今季2度目の1番時計発進。ラバット、ルティが続き、ポイントリーダーのレディングは4番手。ランク2位のエスパルガロは6番手。初参戦のアズランは、33人中28番手だった。

第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPのフリー走行1は13日、ミサノ・ワールド・サーキット‐マルコ・シモンセリで行われ、中上貴晶がトップタイムをマークした。

気温24度。路面温度32度のドライコンディションの中、ランク6位の中上は、3度のコースインで18ラップを周回。1分39秒台を6回、1分38秒台を2回記録して、1分38秒634の1番時計を刻んだ。

ランク3位のエステベ・ラバットは、2度のコースインで最多の24ラップを周回。1分39秒台を10回、1分38秒台を1回記録して、0.117秒差の2番手に進出。

ランク8位のトーマス・ルティは、1分39秒台を5回、1分38秒台を1回記録して、0.274秒差の3番手。

ポイントリーダーのスコット・レディングは、1分39秒台を10回記録して、0.427秒差の4番手。

連続ポイント連取の記録に挑戦しているランク5位のドミニケ・エジャーターは、1分39秒台を5回記録して、0.501秒差の5番手。

ランク2位のポル・エスパルガロは、1分39秒台を11回記録して、0.605秒差の6番手。ヨハン・ザルコ、フリアン・シモン、マティア・パシーニ、ジョルディ・トーレスがトップ10入り。

デビュー戦となるアジア選手権のポイントリーダー、アズラン・シャー・カマルザンは、2.797秒差の28番手だった。

TAGS San Marino

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising