オフィシャルテスト1日目:T.エリアスが28ヶ月ぶりの1番時計

Moto2™ is powered by
Monday, 18 March 2013

2度のオフィシャルテストで総合14番手と17番手だったエリアスが、2010年11月の最終戦以来となる1番時計を記録。ラバットが最速リズムを刻んで2番手に進出すると、エスパルガロが3番手。中上は4番手に発進。高橋は22番手だった。

Moto2™クラスのオフィシャルテストは18日、第3戦スペインGPの開催地、ヘレス・サーキットでスタート。トニ・エリアスがトップタイムをマークした。

気温15度。路面温度35度のドライコンディションの中、14時30分から15時30分までの単独セッションで、2度のオフィシャルテストで総合8番手と6番手だったエステベ・ラバットが、最多23ラップを周回して、1分44秒台を最多の9回、1分43秒台を最多の2回記録。1分43秒837の1番時計を刻んだ。

2度のオフィシャルテストで連続して総合1番手に進出したポル・エスパルガロは、0.063秒差の2番手。中上貴晶は、0.136秒差の3番手。ヨハン・ザルコ、エリアスが続いた。

15時40分から17時30分までの合同セッションでは、エリアスが最終ラップに1分44秒台を突破。1分43秒365の1番時計を刻み、初代王者に輝いた2010年11月の最終戦バレンシアGP公式予選以来28ヶ月ぶりに最速ラップを刻んだ。

最初のセッションを制したラバットは、1分43秒台を最多の9回記録して、0.059秒差の2番手。エスパルガロ、中上、フリアン・シモンが続いた。

2月のオフィシャルテストで総合6番手と2番手だった中上は、3番手発進すると、2度目のセッションでは、1分43秒台を5回記録して4番手。合計39ラップを周回して、0.299秒差の総合4番手。

2度のオフィシャルテストで総合22番手と24番手だった高橋裕紀は、新規参戦イデミツ・ホンダ・チーム・アジアのデビュー戦に向けて、21番手と22番手。合計48ラップを周回して、1.736秒差の総合22番手だった。

セッション1: 1分43秒837 (E.ラバット)
セッション2: 1分43秒365 (T.エリアス)

オフィシャルテストベストラップ: 1分42秒332 (P.エスパルガロ)
サーキットベストラップ: 1分42秒706 (S.ブラドル)

Moto2 Jerez Test 2 2013

TAGS 2013 Jerez Circuit

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising