オフィシャルテスト3日目:P.エスパルガロが総合1番手に浮上

Moto2™ is powered by
Wednesday, 20 March 2013

プレシーズン2度のオフィシャルテストを連続して制したエスパルガロが最速リズムで1番手に浮上。初日総合4番手の中上が最後のセッションを制して、2番手に浮上。シモン、レディング、テロールが続き、初日総合22番手の高橋は総合21番手だった。

Moto2™クラスのオフィシャルテスト3日目は20日、第3戦スペインGPの開催地、ヘレス・サーキットで行われ、ポル・エスパルガロがトップタイムをマークした。

雨が止んで朝から日差しが差し込み、ウェットからドライに路面コンディションが変化した中、10時00分から13時40分までの合同セッションで、2日目の走行をキャンセルしたエスパルガロが唯一1分43秒台を突破。1番手に浮上すると、15時00分から16時00分までの単独セッションでは、1分42秒台を3回記録した。

16時10分から18時00分までの合同単独セッションでは、セッション6で2番手、セッション7で6番手だった中上貴晶が1番手に進出。

3日目の総合は、初日総合3番手、2日目とセッション8をキャンセルしたエスパルガロが総合1番手に浮上。初日総合4番手の中上は、合計57ラップを周回して0.467秒差の2番手に進出。フリアン・シモンは0.552秒差の3番手。スコット・レディングは0.736秒差の4番手。ニコラス・テロールは0.802秒差の5番手に入った。

初日1.736秒差の総合22番手、2日目の走行を見送った高橋裕紀は、10時のトラックオープンと同時に先陣を切ってコースインすると、一気に最多の46ラップを周回。24番手、21番手、16番手に入り、合計80ラップを周回して、2.203秒差の総合21番手だった。

セッション6: 1分43秒349 (P.エスパルガロ)
セッション7: 1分42秒636 (P.エスパルガロ)
セッション8: 1分43秒103 (中上貴晶)

1日目ベストラップ: 1分43秒365 (T.エリアス)
2日目ベストラップ: 1分55秒082 (S.レディング)
3日目ベストラップ: 1分42秒636 (P.エスパルガロ)

前回のオフィシャルテストベストラップ: 1分42秒332 (P.エスパルガロ)
サーキットベストラップ: 1分42秒706 (S.ブラドル)

Moto2 Jerez Test 2 2013

TAGS 2013 Jerez Circuit

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising