オフィシャルテスト4日目:P.エスパルガロが2日連続の1番時計

Moto2™ is powered by
Moto2 Official Test Jerez2 day4
Thursday, 21 March 2013

3日目に総合1番手に浮上した昨年ランク2位のエスパルガロが4日目も制して、2度のオフィシャルテストに続いて総合1番手を維持。最終日をキャンセルした中上は総合2番手。シモン、エリアス、レディングがトップ5入り。高橋は2.2秒差の総合24番手だった。

Moto2™クラスのオフィシャルテスト4日目は21日、第3戦スペインGPの開催地、ヘレス・サーキットで行われ、ポル・エスパルガロがトップタイムをマーク。プレシーズン3度目のオフィシャルテストで3度の総合1番手に進出した。

気温16度。好天候に恵まれたドライコンディションの中、10時00分から11時00分までの合同セッションは、エントリー32名中27名が参加。3日目総合6番手のエステベ・ラバットが、初日のセッション1以来2度目の1番時計を記録。

12時20分から13時20分までの単独、最後のセッションでは、29名が参加。最初のセッションをキャンセルした3日目総合1番手のエスパルガロが、今回のテストで3度目の1番時計を記録した。

4日間の総合成績は、エスパルガロが3日目のタイムで総合1番手。バレンシアから始まった今年3度のオフィシャルテストで3連続の1番手、11月のオフィシャルテストを含めれば、4連続して1番手に進出。

最終日の走行をキャンセルした中上貴晶は、3日目のタイムで0.467秒差の総合2番手。フリアン・シモン、トニ・エリアス、スコット・レディング、ラバット、ニコラス・テロール、ジョルディ・トーレス、チャビエル・シメオン、ミカ・カリオがトップ10入り。

3日目総合21番手の高橋裕紀は、2日間連続して1番手にコースインすると、19番手、20番手。合計24ラップを周回して、2.067秒差の22番手だったが、4日間の総合では2.203秒差の総合24番手だった。

フルエントリーの31名とトーマス・ルティの負傷代役に指名されたセルジオ・ガデアは、開幕戦カタールGPの初日となる4月4日にロサイル・インターナショナル・サーキットに集結。7日の現地時間20時20分(日本時間の8日2時20分)に決勝レースを迎える。

セッション9: 1分43秒701 (E.ラバット)
セッション10: 1分43秒355 (P.エスパルガロ)

1日目ベストラップ: 1分43秒365 (T.エリアス)
2日目ベストラップ: 1分55秒082 (S.レディング)
3日目ベストラップ: 1分42秒636 (P.エスパルガロ)
4日目ベストラップ: 1分43秒355 (P.エスパルガロ)

前回のオフィシャルテストベストラップ: 1分42秒332 (P.エスパルガロ)
サーキットベストラップ: 1分42秒706 (S.ブラドル)

Moto2 Jerez Test 2 2013

TAGS 2013 Jerez Circuit

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising