オフィシャルテスト2日目:J.ミラーがウェットセッションで1番手

Tuesday, 19 March 2013

雨となった2日目は、豪州出身のミラーが総合1番時計を記録。マックフィー、サロン、リンス、シシスが続き、ビニャーレスは9番手。初日総合1番手のフォルガーら13人が走行をキャンセル。渡辺も走行を見送った。

Moto3™クラスのオフィシャルテスト2日目は19日、第3戦スペインGPの開催地、ヘレス・サーキットで行われ、ジャック・ミラーがトップタイムをマークした。

気温15度。路面温度19度。雨が降るウェットコンディションの中、10時から13時40分までの合同セッションで、参加者33人中6人が走行を実施。初日総合26番手のフィリップ・エッテルが1番時計を記録した。

15時00から16時00までの単独セッションでは、19人が走行。初日総合8番手のミラーが前回のテスト最終日を再現するように1番時計を記録。

16時10分から18時00までの合同セッションでは、16人が走行。ミラーが連続の1番時計を刻み、2日目の総合1番手に進出。チームメイト、カレッタ・テクノロジー‐RTGのジョン・ファクフィーが0.174番手に入り、2日前から発熱により体調不良のルイス・サロンが、0.336秒差の3番手。

初日総合2番手のアレックス・リンスは、1.138秒差の4番手。初日総合12番手のアーサー・シシスが5番手に入り、初日総合3番手のマーベリック・ビニャーレスは9番手。

初日総合1番手のジョナス・フォルガーをはじめ、ミゲール・オリベイラ、アレックス・マルケス、ロマーノ・フェネティ、エフレン・バスケスら13名が走行をキャンセル。

初日4.053秒差の総合33番手だった渡辺陽向は、チームメイトのアレッサンドロ・トヌッチと共に走行を見送った。

セッション3: 2分01秒442 (P.エッテル)
セッション4: 1分58秒482 (J.ミラー)
セッション5: 1分57秒627 (J.ミラー)

1日目ベストラップ: 1分47秒149 (J.フォルガー)
オフィシャルテストベストラップ: 1分46秒805 (M.ビニャーレス)
サーキットベストラップ: 1分49秒760 (R.フェネティ)

Moto3 Jerez Test 2 2013

TAGS 2013 Jerez Circuit

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising