オフィシャルテスト4日目:L.サロンが最後に逆転の総合1番手

Moto3 Official Test Jerez2 day4
Thursday, 21 March 2013

昨年ランク2位のサロンが最後のセッションで1番時計を記録。4日間の総合1番手に浮上すれば、負傷欠場したビニャーレスが2番手。リンス、マルケス、フォルガーがトップ5入り。渡辺は3.9秒差の最下位33番手だった。

Moto3™クラスのオフィシャルテスト4日目、最終日は21日、第3戦スペインGPの開催地、ヘレス・サーキットで行われ、ルイス・サロンがトップタイムをマーク。4日間の総合1番手に進出した。

好天候に恵まれた気温16度のドライコンディションの中、10時00分から11時00分までの合同セッションで、エントリー33名中24名が参加。3日目総合2番手のアレックス・リンスが、2連続3度目の1番時計を記録した。

11時10分から12時10分までの単独、最後のセッションでは、28名が参加。3日目総合4番手のサロンが2日目のセッション7に続き、2度目の1番時計を記録した。

4日間の総合成績は、サロンが逆転の総合1番手。4日目を欠場したマーベリック・ビニャーレスは、3日目のタイムで0.229秒差の2番手。アレックス・リンスは、セッション9のタイムで0.236秒差の3番手。アレックス・マルケスは新人勢最高位となる0.612秒差の4番手。ジョナス・フォルガーは0.636秒差の5番手。ミゲール・オリベイラは1.174秒差の6番手。ブラッド・ビンダー、エリック・グラナダ、ニクラス・アジョ、ヤコブ・コーンフィールがトップ10入り。

3日目最後尾33番手の渡辺陽向は、24番手と27番手。合計27ラップを周回して、4.755秒差の総合27番手だったが、4日間の総合では、トップから3.958秒差の最下位33番手だった。

フルエントリーの33名は、開幕戦カタールGPの初日となる4月4日にロサイル・インターナショナル・サーキットに集結。7日の現地時間19時(日本時間の8日1時)に決勝レースを迎える。

セッション9: 1分46秒610 (A.リンス)
セッション10: 1分46秒374 (L.サロン)

1日目ベストラップ: 1分47秒149 (J.フォルガー)
2日目ベストラップ: 1分57秒627 (J.ミラー)
3日目ベストラップ: 1分46秒603 (M.ビニャーレス)
4日目ベストラップ: 1分46秒374 (L.サロン)

前回のオフィシャルテストベストラップ: 1分46秒805 (M.ビニャーレス)
サーキットベストラップ: 1分49秒760 (R.フェネティ)

Moto3 Jerez Test 2 2013

TAGS 2013 Jerez Circuit

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising