ヤマハがM1エンジンのリースプランを明かす

Friday, 10 May 2013

イギリスの専門誌、MCN(モーターサイクルニュース)は、リン・ジャービスが2014年から開始するM1エンジンのリースプランに関して詳細を明かし、第3戦スペインGPの週末に関心を持つ複数のチーム、シャーシメーカーから接触があったことを認めた。

リースされるM1エンジンは、サテライトチームのモンスター・ヤマハ・テック3が使用している仕様に限りなく近く、ニューマチックバブルの技術が投入され、ファクトリースペックの機能性がある。年間の台数は5基。年間12基までの使用が可能ながら、5基で十分に対応でき、ECUを理解するために、現在マニエッティ・マレリ社と接触していることを説明した。

TAGS 2013

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising