COTAプライベートテスト3日目:M.マルケスが1番時計3連発

Thursday, 14 March 2013

セパンで実施されたオフィシャルテストで総合4番手と3番手だった新人マルケスが、第2戦アメリカズGPの開催地で3日間連続の1番時計を記録。ペドロサとブラドルも周回を重ね、ワイルドカード参戦を予定するヤングが初日から一気に2.9秒短縮させた。

ホンダのプライベートテスト3日目、最終日は14日、第2戦アメリカズGPの開催地、サーキット・オブ・ザ・アメリカズで行われ、マルク・マルケスがトップタイムをマークした。

気温25度。路面温度40度。3日間連続して好天候に恵まれたドライコンディションの中、2日間連続1番手に進出したマルケスは、直ぐにリズムを掴むと、タイムアップの18時までに60ラップを周回。2分03秒281の1番時計を刻み、3日間連続してセッションを制した。

2日間連続の2番手だったダニ・ペドロサは、リアショックとギアボックスを調整。首に痛みを感じたことから、24ラップでテストを切り上げ、0.671秒差の2番手。2日間連続4番手だったステファン・ブラドルは、17時にテストを終了。0.944秒差の3番手に入った。

当地で2度目のテストとなったアタック・パフォーマンスのブレイク・ヤングは、カワサキエンジンを搭載したオリジナルマシンで、初日から一気に2.916秒短縮することに成功した。

ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームのホルヘ・ロレンソとバレンティーノ・ロッシ、GPテックのマイケル・バーネスは、2日目でテストを終了していた。

チャンピオンシップ初開催の第2戦アメリカズGPは、4月19日に開幕。21日に決勝レースが行われる。

非公式ラップタイム3日目
1. M.マルケス: 2分03秒281 (60ラップ)
2. D.ペドロサ: 2分03秒898 (24ラップ)
3. S.ブラドル: 2分04秒225 (43ラップ)
4. B.ヤング: 2分12秒186 (42ラップ)

TAGS 2013

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising