NGM・モバイル・フォワード・レーシング、エンジンリースに関して口頭で合意

Tuesday, 16 July 2013

サマーブレイクを直前に、NGM・モバイル・フォワード・レーシングは、来季の使用パッケージに関して、大きく前進。ヤマハとの間でエンジン賃貸借供給に関して口頭で合意。数週間以内に契約を締結する意向を認めた。

NGM・モバイル・フォワード・レーシングは15日、2014年シーズンにヤマハ発動機が供給を予定するM1エンジンに関して口頭で合意したことを認め、2~3週間以内に契約を締結する意向を明かした。

CRTの2年目に、カワサキエンジンを搭載したFTRを使用するイタリアンチームは、数ヶ月前から複数のメーカーと交渉を展開。ここに来て、4月6日にドナルスポーツとの間で、最高峰クラスに参戦するチームに対するエンジンの年間賃貸借供給に関して合意したヤマハとの交渉が進展してきた。

エンジンの年間賃貸借供給に関して、ヤマハ・モーター・レーシング・マネージングディレクターのリン・ジャービスは、5月31日に、最大で4人のライダーにエンジンを供給する方針を説明。最新技術を投入し、テック3が使用するエンジンに非常に類以したものとなるが、マニエッティ・マレリ製のECUを使用することから、24リットルの燃料が許可される。

チームは、複数のシャーシ製造者との交渉も同時に進め、現時点では、FTRの継続使用が有力であることを認めた。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising