M.マルケス、手術回避へ

Wednesday, 4 September 2013

前戦イギリスGPのウォームアップ走行で転倒を喫した際に、脱臼した左肩の検査を受けたマルケスは、手術の必要がないことを確認。2010年から3連勝を挙げた次戦に向けて、リハビリに集中する。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは3日、バルセロナ市内の病院を訪れ、前戦イギリスGPで脱臼した左肩の精密検査を受けた結果、手術の必要がないことを確認。次戦サンマリノ&リベイラ・ディ・リミニGPに向けて、フィジオセラピーに専念する。

前戦のウォームアップ走行で今季8度目の転倒を喫した際に、左肩に22.55Gフォース(重力加速度)の衝撃を受けた結果、左肩を脱臼。メディカルセンターで医師団により、左肩を元に戻した後、決勝レースで、ポールポジションから2位を獲得していた。

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising