PBM、エルナンデェス&ラバティの起用を発表

Wednesday, 5 December 2012

最高峰クラス参戦2年目を迎えるポール・バード・モータースポーツは、1人体制から2人体制に変更。エルナンデェスと英国選手権で実績を積んだラバティを召集して、アプリリアエンジンを搭載するオリジナルマシンで挑戦する。

ポール・バード・モータースポーツは5日、2013年にヨニー・エルナンデェスとマイケル・ラバティを起用することを発表。アプリリアARTとオリジナルマシンを使用する。

今季、ジェームス・エリソンを起用して初参戦したブリティッシュチームは、参戦2年目に向けて、ランク17位、CRT勢で5番手に進出したコロンビア・メデジン出身の24歳エルナンデェスを抜擢。今季に引き続き、ARTを継続使用する。

2人目に指名したのは、北アイルランド・トゥーム出身の31歳ラバティ。英国選手権で実績を積み、2007年には英国スーパースポーツ選手権を初制覇。スーパースポーツ世界選手権、全米スーパーバイク選手権の参戦経験もあり、2010年から再び英国選手権に参戦。今季はランク5位に進出。チームが独自に開発するオリジナルマシンを使用する。

チームオーナーのポール・バードは、「契約の詳細も全てまとまり、ヨニーとマイケルの起用を発表できることが嬉しいです。今シーズンは沢山のことを学び、この経験を活かして、名誉となるCRTのトップにチャレンジするために、チームを構成しました。疑う理由はありません。我々にとって大変忙しくなることは確かです」と、2年目の抱負を語った。

250ccクラスに参戦経験を持つユージン・ラバティの兄マイケルは、「MotoGPへの参戦に興奮。この機会を与えてくれたチームに感謝したい。アプリリアエンジンを搭載したニューシャーシを走らせる。2月のセパンが待ちきれない。」

「ブリヂストンタイヤとカーボンブレーキに慣れないと。サーキットも学ばないといけないけど、CRTのトップにチャレンジしたい」と、初挑戦に向けて意気込みを語った。

今季ランク16位、CRT勢で4番手に進出したエリソンは、英国スーパーバイク選手権への復帰が決定した。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising