P.エスパルガロ、日本で初タイトル獲得に王手

Moto2™ is powered by
Thursday, 24 October 2013

前戦で今季5勝を飾って、ポイントリーダーに返り咲いたエスパルガロは、最大のライバル、レディングが欠場することから、表彰台を獲得すれば、来季の最高峰クラス進出を前に、中量級3年目、フル参戦7年目で、チャンピオンに輝く。

トゥエンティ・HP・40のポル・エスパルガロは、前戦オーストラリアGPで今季5度目のポール・トゥ・フィニッシュを決めて、開幕戦カタールGP以来となるポイントリーダーに復帰。今週末にツインリンクもてぎで開催される第17戦日本GPで、初タイトル獲得に王手をかけた。

総合首位を走っていたスコット・レディングは、前戦の公式予選で左手首を骨折。メルボルン市内の病院で手術を受けたことから、所属チームのマーク・VDS・レーシングは、最終戦バレンシアGPでの復帰を目指すことを発表していた。

・ エスパルガロが優勝 / レディングが3位以下
・ エスパルガロが2位 / レディングが5位以下
・ エスパルガロが3位 / レディングが9位以下
・ エスパルガロが4位 / レディングが12位以下 / ラバットが2位以下
・ エスパルガロが5位 / レディングが14位以下 / ラバットが2位以下
・ エスパルガロが6位 / ロレンソが15位以下 / ラバットが2位以下

 

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising