F.プレジオーシがドゥカティを健康上の理由で退社

Friday, 1 March 2013

ドゥカティのMotoGPプロジェクトの象徴的な存在だったエンジニアのプレジオーシが、昨年11月末に研究開発のディレクターに就任していたが、健康上を理由に退社した。

ドゥカティ・モーター・ホーリングは28日、研究開発部ディレクター、フィリッポ・プレジオーシが健康上を理由に退職。早期に後任者を指名することを発表した。

11月20日、アウディ・グループの買収時に設定した目標に向けて、ドゥカティ・コルセのジェネラルマネージャー兼テクニカルディレクターを務めたプレジオーシは、ドゥカティ勤務18年、ドゥカティ・コルシ勤務12年目の経験を活かして、研究開発部ディレクターに就任。新製品の開発に着手することになっていたが、休暇中に退職届が提出され、受理された。

「エンジニアであるプレジオーシの希望を尊重します。素晴らしい競争力と戦略的な象徴を失うことは残念ですが、ドゥカティは重要且つ専門的な支援を19年に渡って貢献してきたことに感謝し、彼の決断を受理します」と、ドゥカティはリリースを配信した。

TAGS 2013 Ducati Team

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising