レースディレクション、ペナルティ適応の理由を説明

Thursday, 10 October 2013

レースディレクションは、前戦アラゴンGPの事故に関して公聴会を開き、マルケスとHRCに対してペナルティを科すことを決断。レースディレクターのマイク・ウェッブは、裁定の理由、そして目的を説明した。

レースディレクションのメンバー、レースディレクターのマイク・ウェッブは、前戦アラゴンGPの事故に関する公聴会後、マルク・マルケスとHRCに対して、ペナルティを適応した理由を説明した。

公聴会後、マルク・マルケスとレプソル・ホンダに対する決定は何でしょうか?

公聴会では、2つの議題がありました。1つ目はマルクとダニの接触。2つ目は関係していますが区別しなければいけません。ホンダは、ダニの転倒がトラクションコントロールシステムのミスだったことを説明しました。

 

この異なった2つの決定は、マルクの無責任な走りにより、1ポイントのペナルティを科しました。2つ目は、ダニのバイクにおけるトラクションコントロールの技術的な障害により、ホンダに対して、チャンピオンシップのコンストラクター部門において、あのレースで加算した25ポイントを減算しました。双方において、レースディレクションはメッセージを発信します。1つ目はライディング。他のライダーの接近した際に注意を払うことです。2つ目は安全面の基準。安全面の向上を目指して、安全構造を組み入れることです。

マルケスがペドロサに接触したことに関して、数人のライダーたちが彼のライディングに対する意見を述べていますが、今回の決定を受けて、マルケスや他のライダーたちは、このような状況を遭遇する前に、より注意を払う必要が出て来るのではないでしょうか。

それが我々の意図です。マルケスに対して、メッセージを送りました。それは明白です。彼は大変才能のあるライダーですが、特に今年何度も観てきましたように、あるライダーの後ろを走っている際に、思っている以上に接近しています。ブレーキの際に責任を持ち、余裕を持つべきだと理解するには、十分に賢いライダーだと理解しています。

 

マルケスはブレーキングで他のライダーに非常に接近します。接触するには十分に接近したことが事故につながりました。我々としては、マルケスに対してより注意を払うことを伝えるために、1ポイントのペナルティを科しました。公式な警告です。

トラクションコントロールシステムのミスに関して、センサーの破損といった状況を回避する目的で、技術面の規則を変更しますか。

 

安全面の議題として協議を交わしています。現状、規則の変更に関しては言及しません。グループワークとして、安全面の向上を目的に検証します。今回の議題は、大変複雑なシステムであり、各マニュファクチャーは独自の手段を持ちます。進行中の開発過程において、効果的且つ敏感的な規則を記述することは大変困難なこと。議題として協議を進め、根本的に、安全面の向上に向けて、マニュファクチャーと協力し合うように努めます。

 

全てのマニュファクチャー、特にHRCは問題を認識し、彼らは改善への意思を最初に表明しています。今週末のレースに向けて、既に改善に取り組みました。義務として規則を作ることが問題ではなく、より安全なバイクに作り上げて行くために協調的な努力に取り組みます。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising