S.レディング:「今年はポル、ルティ、僕の3人のバトルだ」

Moto2™ is powered by
Redding: “I think this year it’s going to be between Espargaró, Lüthi and myself”
Tuesday, 29 January 2013

通算5年目、中量級3年目の昨季に自己最高位のランク5位を獲得したレディングが、初タイトル獲得に挑戦することを宣言。マルケスとイアンノーネが最高峰クラスに進出したことから、トップ5に進出したエスパルガロとルティがタイトル争いのライバルになることを警戒した。

マーク・VDS・レーシングから4年連続して中量級に参戦するスコット・レディングは、4月の開幕戦カタールGPに照準を合わせて、例年以上にフィジカルトレーニングを消化。タイトル獲得に挑戦する決意を語った。

自己最高位となるランク5位に進出した2012年は、キャリアのベストシーズンだったと考えるか?
2012年は、幾つかの理由でとても良かった。シャーシは大きく改良され、僕自身もチームをより理解して、一緒に良い仕事をしたから、ここまでのキャリアでベストなシーズンとなった。

シーズンのキーポイントは?
マルケスとバトルしたシルバーストン。フィリップアイランドでのレースはグッドだった。それに、上手くマネージメントしたレースが多かった。全体的にすごく良いシーズンだった。

4度の表彰台を獲得したけど、中量級の初優勝まであと一歩だった。
初優勝を達成するには、まだ問題があった。いつも初めてのことは難しい。2013年は1戦でも早く、表彰台の一番高いところに登りたい。

ドゥカティからMotoGPクラスに進出できなかったことを悔やんでいるか?
ムジェロでドゥカティをテストしたのは良かった。バイク、ポテンシャル、幾つかのことを確認した。タイムは悪くなかったけど、今年MotoGPクラスに変更するには、不足していることがあると思う。継続する道筋がある。

2013年に向けて、どのように準備を進めているかい?
一番大切なのは、開幕戦に向けて準備をすること。その意味で、スーパーモタードとモトクロスのトレーニングをするために、年末にアルバイダ(バレンシア郊外)に行った。フィジカルトレーニングも重点的に取り組んだ。開幕戦に向けて、100%の状態に持って行くために、身体面だけでなく、精神面も鍛える目的で、8日間オーストリアに行って来た。

新たな重量規定は、君にとって重量な要因となるだろうか?
軽量のライダーたちはそうでないだろうけど、僕たちにとってはチャンスだ。1~2キロを減らすことは、本当に助かる。チームはバイクの仕事に取り組み、全ての組み合わせが違いを作り出すことになるだろう。

カレックスに要求したことは?
シャーシに関して、もう少し軽くなるように話し合った。新しいスイングアームは軽量化され、もしかしたら、シャーシも軽くなるかもしれない。初テストを待ちたい。

2013年の目標は?
一番の目標は、タイトル争い。今年はMoto2クラスで4年目。最高のレベルに到達しなければいけない。今月20歳の誕生日を迎えたから、すごく重要な年だ。全てを完璧にしたい。

タイトル争いの候補は?
Moto2クラスはレベルがすごく高い。今年は、ポル・エスパルガロ、トーマス・ルティ、僕の争いになるだろう。もしかしたら、1人、2人が加わるかもしれないけど、シーズンを通して、この3人は争うことになると思う。

TAGS 2013

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising