レプソル・ホンダのマルケス&ペドロサがホームグランプリに挑戦

Tuesday, 30 April 2013

前戦で1・2フィニッシュを決めたレプソル・ホンダの両雄が、ホームレースとなるヨーロッパランドの初戦ヘレスに挑戦。マルケスはMotoGP™ライダーとして地元ファンの前に初登場すれば、ペドロサは7年連続表彰台、5年ぶりの優勝を狙う。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、今週末にヘレス・サーキットで開催される第3戦スペインGPにポイントリーダーとして登場。ランク3位のダニ・ペドロサは、8ポイント差のギャップを詰めに行く。

開幕戦カタールGPで3位表彰台を獲得、第2戦アメリカGPで史上最年少の優勝を飾ったマルケスは、スペインで開催されるカタルーニャ、アラゴン、バレンシアで優勝経験があるが、ヘレスでの最高位は昨年の2位。オフィシャルテストでは総合6番手だった。

「オースティンのレースを決して忘れない。みんなの応援に感謝したい。これからヨーロッパランドが始まる。地に足を付け、集中することが大切。他のライダーたちは僕よりも経験がある。懸命に働かないと。ファンの前で走りたい。それにMotoGP™クラスでは初めてとなる。グッドなリザルトを獲得するためにベストを尽くす。表彰台を獲得できれば最高だ!目標は学習を続け、完走することだ」と、浮足立たない姿勢を見せた。

開幕戦4位、2戦目2位により、ポイントリーダーから8ポイント差のペドロサは、最高峰クラスに進出した2006年から2008年の優勝を含めて6年連続して表彰台を連取。オフィシャルテストでは、3日目の走行をキャンセルしたことから総合4番手に後退していた。

「オースティンで勝てなかったけど、沢山のポジティブな結論を収集した週末となった。ポイントリーダーとのギャップが詰まり、プレシーズンの好感触を取り戻せたことが嬉しい。次はヘレス。お気に入りのサーキットだ。プレシーズンでは天候が良くなかったけど、トラックを良く把握する。レースで最大のオプションが持てるように、オースティンの流れを続け、最初のセッションからハードワークをするつもりだ」と、意気込みを語った。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising