レプソル・ホンダのペドロサが1列目を確保、マルケスは2列目

Saturday, 6 April 2013

フリー走行で苦戦していたペドロサだったが、予選で3番手に進出。1列目を獲得すれば、フリー走行で好走を見せていたマルケスだったが、初めての予選で爆発的な走りが不足していることを反省した。

レプソル・ホンダのダニ・ペドロサは、開幕戦カタールGPの公式予選で3番時計を記録。1列目を獲得すれば、マルク・マルケスは6番時計で、明日のデビュー戦を2列目から迎える。

フリー走行総合6番手のペドロサは、フリー走行4で1分55秒台を5回記録して7番手だったが、公式予選2では、0.437秒差の3番手に入り、1列目に進出した。

「今日はすごく良くすることができ、明日に向けて1列目を獲得できた。速いライダーたちがいるから、1列目からのスタートは重要。バイクの幾つかの分野を磨くことができ、グッドなレースにするために役立つことを期待する。正しいタイヤ選択とリズムがカギとなるだろう」と、明日の決勝レースに視線が向いていた。

フリー走行2から連続1番時計を記録したマルケスは、フリー走行4で1分56秒台を5回、1分55秒台を1回記録して、0.342秒差の2番手。公式予選2では、0.931秒差の6番手に入り、2列目を確保した。

「最高峰クラスで初めての予選。それに、初めての短時間の予選だった。まだ爆発的な走りと最初からプッシュする走りが不足している。速い2ラップでミスを犯してしまい、1000分の数秒を失ってしまったから、良くしていかないと。明日のウォームアップ走行でリズムを刻む仕事を続け、レースに向けてベストなタイヤを選びたい。重要なのはグッドなスタートを切ることだ」と、初めての予選を反省した。

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising