クルメンナッハが負傷欠場、ミュールハウサーを代役に指名

Moto2™ is powered by
Tuesday, 24 September 2013

シルバーストンの転倒で頭部を強打したクルメンナッハが、医師団の勧めで数日間の安静を取ることになったことから、代役にスイス出身の21歳、ミュールハウサーを起用。9月上旬のプライベートテストで既にシューターを走らせていた。

テクノマグ・カーエキスペルトは23日、ランディ・クルマンナッハが第12戦イギリスGPで転倒を喫した際に頭部と首を強打したことから今週末の第14戦アラゴンGPを欠場することを発表。24日、負傷代役にロビン・ミュールハウサーを起用することを発表した。

ランク19位のスイス人ライダーは、シルバーストンで開催された第12戦イギリスGPのフリー走行2で今季9度目の転倒を喫したが、13番グリッドから19位、2週間後の前戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPでは、18番グリッドから17位で今季11度目の完走を果たしていたが、風邪の症状を訴えていたことから、チューリッヒ市内の病院で精密検査を受けた結果、脳震盪により、数日間の安静が必要と診断されたことから、シリーズ14戦目を欠場することになった。

代役に指名したのは、今季からスーパーバイク世界選手権の併催大会、ヨーロッパ選手権スーパーストック600にフル参戦するスイス出身の21歳、ミュールハウサー。9月5日にフランスのポール・リカール・サーキットで実施したプライベートテストに複数のライダーたちと一緒に招待を受けると、ヤマハYZF・R6からシューターに乗り換えて、好走を見せていたことから、今回の代役に指名された。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising