セパン、2人のヤングライダーをスペイン選手権に派遣

Wednesday, 24 April 2013

マレーシアGPの開催地、セパン・インターナショナル・サーキットは、カイルディンに続く若手の発掘と育成を目的にワンメイク大会を実施した後、将来のMoto3™クラス参戦を視野に入れ、2名のヤングライダーをスペイン選手権に派遣することを決めた。

セパン・インターナショナル・サーキットは、将来のMoto3™クラス参戦を視野に入れたマレーシアン・ジュニア・プロジェクトを立ち上げ、今週末に開幕戦を迎えるスペイン選手権に2名のヤングライダーを派遣することを発表した。

2009年にヤングライダーの発掘を目的にセレクションを実施して、2名のヤングライダーをワイルドカードとして参戦させた後、2010年からズルファミ・カイルディンのキャリアをバックアップするマレーシアGPの開催地、SICは、ヤングライダーの発掘と育成を継続する目的で、2012年にカワサキ・ニンジャ250を使用したワンメイクカップを主催。

初年度のランク3位に進出した19歳のフスニ・アイザット・アブドゥル・マリクと2011年から2年間レッドブル・ルーキーズ・カップに参戦した16歳のアミラル・ハフィク・アズミを、カイルディンが所属するアジョ・モータースポーツとのコラボにより結成したタッチライン・SIC・アジョ・レーシングから経験を積ませる目的で参戦させることを決定した。

TAGS 2013

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising