HRCテスト:マルケス&バウティスタがドライで走り込み

Sepang Honda Test Day 2
Tuesday, 27 November 2012

テスト2日目は18時30分までフルにドライコンディションの中で走行。マルケスとバウティスタが意欲的に周回を重ね、テストプログラムを消化した。

HRCのプライベートテスト2日目は27日、セパン・インターナショナル・サーキットで行われ、マルク・マルケスとアルバロ・バウティスタが1日中走り込みに専念した。

気温32度。路面温度40度のドライコンディションの中、HRCのテストライダー、秋吉耕祐と高橋巧が10時20分にコースインすると、マルク・マルケスとアルバロ・バウティスタが10時45分からテストを開始。

初日26ラップを周回したマルケスは、RC213Vの順応に専念。今回初めて完全ドライで走れたことから、昼食抜きで、18時30分までフルに走って60ラップを周回。2012年型から2013年型のプロトタイプマシンに乗り換える機会にも恵まれた。

初日ドライで24ラップ、ウェットで15ラップを周回したバウティスタは、ショーワのサスペンションテストに集中。タイムアップまで多くのパーツを試した。

当地を初走行する高橋は、12時15分に7コーナーで転倒を喫したが、大事には至らず、テストを継続。初日の2分09秒91からラップタイムを2.55秒伸ばした。

2日目リザルト
M.マルケス: 2分01秒355 (60ラップ)
A.バウティスタ: 2分01秒950 (52ラップ)
秋吉耕祐: 2分03秒820 (48ラップ)
高橋巧: 2分07秒360 (57ラップ)

サーキットレコードラップ‐C.ストーナー: 2分02秒108 (2007年)
サーキットベストラップ‐J.ロレンソ: 2分00秒334 (2012年)
非公式ベストラップ‐C.ストーナー: 1分59秒607 (2012年オフィシャルテスト)

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising