C.クラッチローが初日総合3番手に進出

Setup changes paying off for Crutchlow
Friday, 3 May 2013

5週間前のオフィシャルテストで総合1番手に進出したクラッチローが、路面温度が上昇したことから、セットアップを大きく振ることを決断。素早い対応で総合3番手に進出した。

モンスター・ヤマハ・テック3のカル・クラッチローは、ヘレス・サーキットで開幕した第3戦スペインGPの初日に総合3番時計を記録した。

開幕から2戦連続してサテライト勢の最高位に進出した後、昨年表彰台争いを展開、5週間前のオフィシャルテストで総合1番手に進出したトラックに戻って来ると、フリー走行1で4番手。路面温度が45度に上昇したフリー走行2では、セットアップを大きく変更することを決断して、1分40秒台を7回、1分39秒台を5回記録。0.171秒差の2番手に浮上。

「テストから全く違うセットアップに変更したから、タフな1日となった。テストで最速ラップを記録して、グッドなフィーリングをもたらしたけど、今日は路面温度が上昇して、テストで見つかった完璧なセットアップが機能しなかった。」

「フリー走行2でバイクを変更して、可能な限りに沢山のことにトライした。これは残りの週末に向けてポジティブになると思う。それに、明日に向けて改良する幾つかのアイデアがある。今夜はクルーと一緒に、アタックの計画を企てるためにデータを良く検証する。僕のチームは素晴らしい仕事をしているから、土曜、そして日曜に向けて大きな自信をもたらしてくれた」と、初日を振り返った。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising