S.ブラドルが予選&決勝で目標のトップ5入りに成功

Tuesday, 23 April 2013

開幕戦での転倒リタイヤの反省と1ヶ月前に実施した事前テストの成果を発揮することを誓って、アメリカ入りしたブラドルは、予選と決勝レースでトップ5入り。目標を達成して、ヨーロッパラウンドを迎える。

LCR・ホンダのステファン・ブラドルは、第2戦アメリカズGPの決勝レースで、5番グリッドから5位。目標に設定したトップ5入りを達成して、ランク10位に進出した。

開幕戦でトップ5に進出する走りを確認しながら、転倒リタイヤを喫した後、1ヶ月前の3月12日から3日間のプライベートテストを実施したサーキット・オブ・ジ・アメリカズに戻って来ると、カタールの経験を活かしながら、テスト時のスピードと安定感を再現して、トップ5入りを目標に設定。

初日総合3番手発進すると、安定性を上げる目的で2日目にハードタイヤでロングランを実行。セットアップに満足感を得ると、公式予選で5番手に進出。決勝レースでは、プロトタイプ勢がリアにソフトタイヤを選んだ中、マルク・マルケスと共ににハードタイヤを選択。9ラップ目にカル・クラッチローに抜かれてからは、単独走行となった。

「5位に満足。これは良い仕事をしたことを証明する。グッドなスタートを切ったけど、序盤は他のライダーたちのようにアグレッシブではなかった。フルタンクの状態で、フロントが少し滑ってしまったから、落ち着いて集中力を維持することに専念した。」

「残り13ラップでクラッチローに抜かれてしまった。彼の方が特にコーナーの進入が速かった。僕はそれほど速くなかったけど、コーナーの出口ではスピードがあった。5位はグッド。COTAで期待していたリザルトだ」と、目標達成に安堵の表情を浮かべた。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising