S.ブラドルが今季目標の初表彰台を獲得

Monday, 22 July 2013

初日から好走を見せていたブラドルが、ドイツ人初のポールポジションからレースの主導権を握る快走で自己最高位の2位に進出。今季の目標に挙げていた初表彰台を前半戦最後に達成して、チームに2009年以来となる表彰台をプレゼントした。

LCR・ホンダのステファン・ブラドルは、第9戦アメリカGPの決勝レースで、ドイツ人ライダー初のポールポジションから自己最高位となる2位を獲得。今季の目標に設定していた初表彰台を達成した。

前日の公式予選2で1番時計を記録して、ポールポジションレコードが利用されるようになった1974年から、ドイツ人ライダーとして初めてトップグリッドを獲得することに成功。

ウォームアップ走行で週末2度目、今季3度目の1番手に進出した後、最高峰クラス27戦目を1番グリッドから決勝レースを迎えると、ホールショットを決めて、レースの主導権を握り、2.298秒差の2位でフィニッシュ。

2006年に最高峰クラスへの挑戦を開始した所属チームに、2006年4月の第2戦カタールGP以来(ケーシー・ストーナー)となるポールポジション、2009年7月の第10戦イギリスGP以来(ランディ・ド・プニエ)となる通算3度目の表彰台をもたらした。

「僕たちにとってグレートなリザルトだ。週末はずっと懸命に働いてきた。昨日のポールポジションの後で期待感は高かったけど、僕たちは速く、上手くやれることは分かっていた。スタートからプッシュした。上手くやれたと思う。」

「少し苦戦した。レーススピードはもう少し速くなると考えていたけど、フルタンクの状態のときに、フロントに問題が出た。マルクに抜かれたとき、僕よりもサイドグリップがあり、ギャップが広がりそうだった。ロッシとの距離を維持することが心配だったから、簡単ではなかった。長く、厳しいレースだった」と、ベストリザルトを獲得したレースを振り返った。

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising