多重クラッシュでリバス&オデンダールが骨折

Moto2™ is powered by
Wednesday, 4 September 2013

2009年のスペイン選手権で青山周平のチームメイトだったリバスが、成績不振のライダーに交代して参戦を開始したが、前方不注意により、スタート練習のために停止していたグループに激突。オデンダールが右足首を骨折。リバス自身も左鎖骨を骨折した。

第12戦イギリスGPのウォームアップ走行終了後、スタート練習を実施しようとしたダニエル・リバス、スティーブン・オデンダール、チャビエル・シメオン、ジョルディ・トーレスが激突。リバスとオデンダールは、サーキット近郊の病院に搬送され、決勝レースを負傷欠場した。

ウォームアップ走行終了を示すチェッカーフラッグが振られた直後、許可されているストレートでのスタート練習を実施しようと、多くのライダーたちが、6コーナーを立ち上がったところで、停止していたところ、前戦チェコGPから成績不振により解雇されたカイル・スミスの代役に指名され、ブルセンス・アビンティアから参戦するリバスは、前方不注意により、左前に停止していたアルギニャーノ&ギネス・レーシングのオデンダールに激突。

反対方向に弾かれたことリバスは、右前に停止していたマップタック・セロス・SAG・チームのシメオンに衝突。オデンダールは、右横に横転した際に、トーレスに接触した。

背中と腰を痛めたシメオンと右脚を強打したトーレスは、決勝レースに参戦したが、オデンダールは右足首を骨折。4日にバルセロナ市内の病院で手術を受け、4日に退院。右足首を1週間固定し、来週の再検査次第で、次戦サンマリノ&リベイラ・ディ・リミニGPへの参戦を判断する。

脳震盪により、約1分半意識を失っていたリバスは、精密検査を受けるために、サーキット近郊の病院に搬送されて入院。左鎖骨の骨折が判明。4日に退院したが、肺に問題があるため、飛行機に搭乗できないことから、車でスペインまで移動することになった。

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising